長崎県立長崎図書館トップページへ

長崎県立長崎図書館

●長崎ゆかりの文学年表

長崎を舞台とした作品や、長崎出身・在住作家(在住したことがある人も含む)の作品を挙げています。
注:初出誌(紙)があるものはその発表年で、連載は開始時の年で掲載しています。
西暦 年号 作品名 作者名 備考
1887 明治20年 お菊さん ピエール・ロチ  
1891 明治24年 胡砂吹く風 半井桃水  
1895 明治28年 変目伝 広津柳浪  
1917 大正6年 島の秋 吉田絃二郎  
1918 大正7年 奉教人の死 芥川龍之介  
1921 大正10年 あらたま 斎藤茂吉  
1923 大正12年 青銅の基督 長与善郎  
1926 大正15年 三富朽葉詩集 三富朽葉  
1928 昭和3年 キャラメル工場から 佐多稲子  
    放浪記 林芙美子  
1932 昭和7年 雲仙 野上弥生子  
1934 昭和9年 五島列島 近藤益雄  
    梅の花 仲町貞子  
1935 昭和10年 わがひとに与ふる哀歌 伊東静雄  
1938 昭和13年 四次元準立方体詩派宣言 渋江周堂  
1939 昭和14年 蓼の花 仲町貞子  
1940 昭和15年 夏花 伊東静雄  
    カンコロの話 潁原退蔵  
1941 昭和16年 地上の歌 上村 肇  
1943 昭和18年 長崎出島 平山蘆江  
    私小説作家論 山本健吉  
1946 昭和21年 島内八郎  
1947 昭和22年 踏絵の話 新村 出  
    鐘の鳴る丘 菊田一夫  
    単独旅行者 島尾敏雄  
1948 昭和23年 私の長崎地図 佐多稲子  
    ロザリオの鎖 永井 隆  
    この子を残して 永井 隆  
1949 昭和24年 長崎の鐘 永井 隆  
1951 昭和26年 長崎チャンポン 坂口安吾  
1952 昭和27年 君の名は 菊田一夫  
1953 昭和28年 私の詩と真実 河上徹太郎  
    石のいのち 蒲池歓一  
1954 昭和29年 春の日のかげり 島尾敏雄  
    いのちの火 山田かん  
    雪櫟 森 澄雄  
1955 昭和30年 古典と現代文学 山本健吉  
    或る眼醒め 川上宗薫  
    花の店 安西 均  
    長崎詩篇 風木雲太郎  
1956 昭和31年 勝烏 穂積 驚 第36回直木賞受賞
1957 昭和32年 わが心の遍歴 長与善郎  
    わが青春の告白 神近市子  
1958 昭和33年 原子野 福田須磨子  
    日本のアウトサイダー 河上徹太郎  
    異聞浪人記 滝口康彦  
1959 昭和34年 マリアの首 田中千禾夫  
    近代日本文学論 川副國基  
1960 昭和35年 虚構のクレーン 井上光晴  
    海鳴りの底から 堀田善衛  
1961 昭和36年 南の風の物語 おおえひで  
    鯨神 宇能鴻一郎 第46回芥川賞受賞
1962 昭和37年 柿本人麻呂 山本健吉  
    竜馬がゆく 司馬遼太郎  
    女の宿 佐多稲子  
1963 昭和38年 春の目玉 福田清人  
    分岐 中里喜昭  
    地の群れ 井上光晴  
    浦上四番崩れ 片岡弥吉  
1964 昭和39年 慶応長崎事件 司馬遼太郎  
    ザ・パイロット 宮本 研  
    現代のカルテ 原口喜久也  
1960 昭和40年 まぼろしの邪馬台国 宮崎康平  
1966 昭和41年 ビードロの歌 風木雲太郎  
    沈黙 遠藤周作  
    秋の目玉 福田清人  
    戦艦武蔵 吉村 昭  
1967 昭和42年 仮のねむり 中里喜昭  
    浦上の旅人たち 今西祐行  
    われなお生きてあり 福田須磨子  
    対馬幻想行 橋川文三  
1968 昭和43年 紫の履歴書 美輪明宏  
1969 昭和44年 みずうみ 上村 肇  
    水無川 中里喜昭  
    花眼 森 澄雄  
    記憶の固執 山田かん  
1970 昭和45年 樹影 佐多稲子  
1971 昭和46年 八月がくるたびに おおえひで  
    竜造寺党戦記 劉 寒吉  
    刻を曳く 後藤みな子  
1972 昭和47年 サンザシの実 清岡卓行  
    死の同心円 秋月辰一郎  
    冬の鷹 吉村 昭  
1973 昭和48年 流行作家 川上宗薫  
    憑かれた人 井上光晴  
    月山 森 敦 第70回芥川賞受賞
    長崎・ロシア遊女館 渡辺淳一  
    草のつるぎ 野呂邦暢 第70回芥川賞受賞
1974 昭和49年 五番崩れ 永見津平  
    鳥海山 森 敦  
1975 昭和50年 時に佇つ 佐多稲子  
    かさ 太田大八  
    祭りの場 林 京子 第73回芥川賞受賞
    ふぉん・しいほるとの娘 吉村 昭  
    激しい夏 太田博子  
    火宅の人 檀 一雄  
    藤浦洸詩集 藤浦 洸  
1976 昭和51年 走馬燈 遠藤周作  
    限りなく透明に近いブルー 村上 龍 第75回芥川賞受賞
    諫早菖蒲日記 野呂邦暢  
    田中角栄研究 全記録 立花 隆  
    胡蝶の夢 司馬遼太郎  
1977 昭和52年 ギヤマン ビードロ 林 京子  
    櫂舟 中村不二男  
    めだかの列島 今井美沙子  
1978 昭和53年 長崎キリシタン物語 福田清人  
    サムライの海 白石一郎  
    珊瑚 新田次郎  
1979 昭和54年 龍馬の妻 阿井景子  
    花鋏 朝倉和江  
    だいちゃんとうみ 太田大八  
    落城記 野呂邦暢  
    肥前松浦兄妹心中 岡部耕大  
1980 昭和55年 五島崩れ 森 禮子  
    コインロッカーベイビーズ 村上 龍  
    女の一生 一部・キクの場合 遠藤周作  
1981 昭和56年 少年狩り 野田秀樹  
    精霊流し 岡部耕大  
1982 昭和57年 島原大変 白石一郎  
    島原の悲歌 轟 龍造  
    上海 林 京子  
    淋しいのはお前だけじゃない 市川森一  
    野獣降臨 野田秀樹  
1983 昭和58年 宇宙からの帰還 立花 隆  
    三彩の女 森 禮子  
    三界の家 林 京子  
    秘伝 高橋 治 第90回直木賞受賞
    永遠の1/2 佐藤正午  
1984 昭和59年 韃靼疾風録 司馬遼太郎  
    水の宿 吉江冬一郎  
    69 sixtynine 村上 龍  
    海の祭礼 吉村 昭  
    かんころもちの島で 柴田亮子  
    天の曳航 高瀬千図  
1985 昭和60年 ド・ロ神父と出津の娘たち 岩崎京子  
    断崖 犬塚昭夫  
    雲の上はいつも青空 福田みな子  
    石の賦 原 子朗  
    海狼伝 白石一郎 第97回直木賞受賞
    リボルバー 佐藤正午  
    脳死 立花 隆  
    飢餓とナイフ 入江昭三  
    端島の女 西木正明 第99回直木賞受賞
1986 昭和61年 彼岸花 今井美沙子  
1987 昭和62年 起伏の暦 小山誉美  
    別れてのちの恋歌 高橋 治  
    原ノ城 芦川照葉  
1988 昭和63年 西陲集以後 下村ひろし  
1989 平成元年 長崎県の現代詩史 山田かん  
    裔の子 多田尋子  
    おらんだ恋歌 神吉拓郎  
1990 平成2年 耳庵松永安左エ門 白崎秀雄  
    やすらかに今はねむり給え 林 京子  
    日本現代叢書 隈治人句集 隈 治人  
    浦上・揺れながら 小柳恵美子  
1991 平成3年 句集 ケロイド 松尾あつゆき  
    島原軍記 海鳴りの城 新宮正春  
1992 平成4年 長崎オランダ村 村上 龍  
1993 平成5年 ちいさいえりちゃん 村山早紀  
    ファザーファッカー 内田春菊  
    生きる水 高塚かず子 第44回H氏賞受賞
1994 平成6年 甲比丹  森 瑤子  
1995 平成7年 ジェロニモの十字架 青来有一  
    異人館 白石一郎  
1996 平成8年 夢暦 長崎奉行 秋冬篇 市川森一  
    海と日傘 松田正隆  
    夢暦 長崎奉行 春夏篇 市川森一  
    怒濤のごとく 白石一郎  
1997 平成9年 インザ・ミソスープ 村上 龍  
    長崎歌人伝 ここは肥前の長崎か 堀田武弘  
1998 平成10年 長崎ぶらぶら節 なかにし礼 第122回直木賞受賞
1999 平成11年 ジャンプ 佐藤正午  
2000 平成12年 葬列 小川勝巳  
    聖水 青来有一 第124回芥川賞受賞
2001 平成13年 精霊流し さだまさし  
    竹山広 全歌集 竹山 広  
2002 平成14年 パレード 吉田修一  
    パークライフ 吉田修一 第127回芥川賞受賞
    長崎乱楽坂 吉田修一  
    ハミザベス 栗田有起  
    解夏 さだまさし  
2003 平成15年 ワイルドソウル 垣根涼介  
2004 平成16年 黄金旅風 飯嶋和一  
    君たちに明日はない 垣根涼介  
2005 平成17年 佐藤正午  
    半島を出よ 村上 龍  
    いつか読書する日 青木研次  
    爆心 青来有一  
2006 平成18年 ホームランを打ったことのない君に 長谷川集平  
    悪人 吉田修一  
    歌うクジラ 村上 龍  
    静かな爆弾 吉田修一  
    借金取りの王子 垣根涼介  
    蝶々さん 市川森一  
    身の上話 佐藤正午  
2007 平成19年 めだかの学校 垣根涼介 「人生教習所」に改題
    都市の記憶 村上龍  
    心はあなたのもとに 池山 吉彬  
    てれんぱれん 青来有一  
    さよなら渓谷 吉田修一  
    空の空 竹山 広  
2008 平成20年 横道世之介 吉田修一  
    戸籍係の女 垣根涼介 「月は怒らない」に改題
    茨の木 さだまさし  
    元職員 吉田修一  
    眠ってよいか  竹山 広  
    時の波打際 田中俊廣  
2009 平成21年 路(ルウ) 吉田修一  
    アントキノイノチ さだまさし  
    夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 カズオ・イシグロ  
2010 平成22年 幻日 市川森一  
    平成猿蟹合戦図 吉田修一  
    作家と一日 吉田修一  
    地の世 竹山 広  
2011 平成23年 水の旅 高塚かず子  
    太陽は動かない 吉田修一  
    空蝉風土記 さだまさし 「はかぼんさん 空蝉風土記」に改題
    オールド・テロリスト 村上龍  
    山田かん全詩集 山田かん  
    鳩の撃退法 佐藤正午  
2012 平成24年 55歳からのハローライフ 村上龍  
    人間のしわざ 青来有一  
    光秀の定理 垣根涼介  
    かすてぃら 僕と親父の一番長い日 さだまさし  
    狛犬ジョンの軌跡 垣根涼介  
    怒り 吉田修一  
2013 平成25年 風に立つライオン さだまさし  
    ラストレター さだまさし  
    森は知っている 吉田修一  
2014 平成26年 室町無頼 垣根涼介  
    橋を渡る 吉田修一  
    ちゃんぽん食べたかっ! さだまさし  
2015 平成27年 忘れられた巨人 カズオ・イシグロ  
    悲しみと無のあいだ 青来有一  
    犯罪小説集 吉田修一  
2016 平成28年 家庭内失踪 岩松了  
2017 平成29年 小指が燃える 青来有一  
    月の満ち欠け 佐藤正午 第157回直木賞受賞