長崎県立長崎図書館トップページへ

長崎県立長崎図書館

●「芳名録」とは

 県立長崎図書館は、創立から100年を超え、多くの方々に来館していただいています。
 大正4年に現在地に建てられた図書館は、元々県会議院兼迎賓館であった建物を改修して移転したものです。 政治家、軍人、芸術家、外国人などが公私にわたって来館し、貴重な資料を閲覧されていきました。
 こうした著名人の多くは来館の際に『芳名録』に記帳しており、1919(大正8)年以来、その数はのべ6000人を超えます。 達筆なサインやドローイング(素描)、来館の思いを綴った言葉など、本館の歴史資料として公開しており、一部をここに掲載します。

芳名録