長崎県立長崎図書館トップページへ

長崎県立長崎図書館

●行政資料

1.長崎県統計書
明治11(1878)年~明治17(1884)年
『長崎県統計表』・『長崎県治統計表』など、この期間は、名称が不統一で調査項目も一定していません。
  • 明治11年 長崎県統計表』が、本館所蔵で最古もので、巻末に本木昌造創設の新町活版製造所で印刷されたことを示す「印刷 長崎新町活版製造所」の印字があります。
  • 現在の佐賀県の区域が、明治15年版まで長崎県管内に組み入れられた形で編集されています。
明治19(1886)年~昭和14(1939)年

『長崎県統計書』に名称が統一されますが、明治20年代には、2~3年分を1冊にまとめた形で刊行されています。

昭和27(1952)年~現在

『長崎県統計年鑑』に名称が統一されます。

2.長崎県職員録(原簿)
  • 明治15(1882)年11月『職員録 長崎県
  • 明治19(1886)年8月 『長崎県 職員録』
  • 明治31(1898)年『長崎県 職員録』

 活字印刷された『長崎県 職員録』の基となった原簿で、朱で加筆訂正した跡があります。

3.長崎県警察統計
明治19(1886)年~大正9(1920)年

 年度によって名称の変更があります。
(『明治19年 長崎県警察統計表』が、本館所蔵で最古のものです。)

4.長崎県学事年報
明治30(1887)年~明治42(1909)年

 学校教育にかかる統計で、現在県教委が発行する『学校一覧・教育統計』に相当するものです。

 ※昭和4(1929)年『学事年報々報告規程』も所蔵しています。

5.長崎県公報
明治23(1890)年~現在

 明治23(1890)年7月2日付の第1号から、ほとんど欠号なく、現在まで所蔵しています。

 なお、明治23(1890)年7月の第1号から昭和元(1926)年12月の第1462号までの長崎県公報は「長崎県公報目次検索」システムにより、目次を検索し該当ページの画像を表示できますので併せてご利用ください。

6.県内各市町(旧市町村)広報誌
7.その他